011-721-1148
  • トップページ
  • 診療案内
  • 入れ歯・義歯
  • 歯磨きについて
  • 訪問診療・摂食リハビリ
  • アクセス

住所

札幌市東区北16条東15丁目2-22
☎ 011-721-1148
011-741-1143
駐車場有り

診療時間

月・金
9:00?18:00
火・水・木
9:00?19:00
土曜日
9:00?13:00

休診日

日曜日・祝日

マップ

地図

QRコード

歯磨きについて

はみがきとは

これだけは断言できるのですが、歯磨きは歯科医院で習わないとほとんどの方がまともに磨くことはできません。1日4回磨いているのに虫歯ができた!と言う方でさえも、実際は「磨いている」だけであって「磨けている」わけではないのです。磨いているのと、適切に磨けている、というのはゼロと1のように大きな差があります。

磨き方を習っていない人は概ね下記のような自己流で磨いているようです。

  • 前を磨いたり、横を磨いたり、内側を磨いたり、また前を磨いたり、順番がバラバラになっている。
  • 噛んだ状態で上下の奥歯の外側を上下同時に磨く。
  • 力を入れて、大きなストローク(ブラシが動く幅)でゴシゴシ磨いている。
  • 歯ブラシは何ヶ月も変えておらず、毛先が開いている。
  • 磨く時間は1分もかからない。

よく勘違いしているのが、力を入れてゴシゴシ磨けばよく汚れは取れる、と思われていることです。これは逆に残るべき場所にプラークが残りやすく、また歯の根元がブラシによってくさび状に削れてしまう弊害がありますので、ゴシゴシと力を入れて磨く方は、根元がすっぱりと削れてしまっているのです。歯磨きに力はさほど必要ではありませんし、大きく動かす必要もありません。
上に挙げたような磨き方をしている方は、1日何回磨いても、ほとんどプラークは除去できていません。


適切な歯磨きを行う上で重要になるのは

  • 歯ブラシの持ち方
  • 歯ブラシの当て方
  • 歯ブラシの動かし方
  • 磨く順番
  • 要する時間、回数
  • 鏡を見ながら磨くこと

▲ ページトップへ